2006年03月16日

死んだ役者が動いた!?

なるせに救いのクリックを〜人気ブログランキング♪


いやああ、いい天気。今日も、花粉飛び回っているのをビンビン感じるぜい。
この時期ね、花粉症の舞台役者さんとかキツいんですよ、本番とかね。鼻の通りが悪いと声とかも変わっちゃうしね。声の通りも変わるし。それから、めちゃめちゃかっこいいセリフ言ってるのに鼻水垂れっぱなしとかね。いや、あるんですよ、ホントに。舞台ですからアクシンデントはつきものですから。これはもうどうしよう。飛び出した鼻水にイチャもんつけようがない。
めちゃめちゃいい告白のシーンとかで
は・・は・・はーくしょいいいいいいいいいいいいいいいい!
とかなってもこりゃもうどうしようもない。ある意味リアルで。ある意味台無しです。
と、かく言う私も
一度やってしまいました。
ハクションという、くしゃみよりもしてはいけないこと。
それは。
ハケれないということ。
先程言ったように、舞台にアクシデントはつきものですから、ある意味しょうがないんです。と、言い訳先にしておきます。しかもロングランとかだと毎日同じ事を繰り返すわけでしょ。こりゃもう山崎パン工場のバイトのように、機械的な「こなす」という作業になりがちなので、毎回、自分の中で気持ちをリセットしないといけないわけです。が、どうも鼻が詰まったりして、花粉症の薬とか飲んだりしてるとボーとすることもあるんですよ。ね。いいわけがましいでしょ。
でだ。
舞台には、暗転ってものがあるわけですよ。ようするに照明が暗くなって、全体が真っ暗になったら場面が切り替わるっていう、あれね。僕自体は暗転が嫌いだから、あんまり暗転を使った演出はしないんだけど、どうしても「時間経過」とかを現すには、必要な時があるわけなんです。で、その時、必要だったのは、私が死ぬ役だったのね。かっこいいセリフを言って、死んでいく、言わば「おいしい役」というやつで、自分で書いて、自分で演出して、自分が出演してた時代。言わば、「おいしい役」をするかどうかもすべて私の独断と偏見で決めれる時代。はい、それで見事においしい役をやっておりました。でね、さっき言ったように、かっこいいセリフを言って、病魔に冒され舞台上で倒れて死んでいく人物だったんですよ。これもう「暗転」をしなければ、いつまでたってもそこにいる事になってしまうわけでしょ。照明がついたままじゃ、誰かが運ばない限り舞台終わりまでそこにいることになってしまう。だから暗転をして、その間に、死んだ役を終えて、その暗転の暗がりの中で退場する(舞台用語では、「ハケる」)事をしなければいけないわけですよ。
はい、ここまで話して、もう感の鋭い方はおわかりですね。
ええ、そうです。真っ暗で移動するの大変なんです、ましてや鳥目の私。
舞台役者さんは、暗がりでも素早く移動出来るような練習もするんです。でないと、暗がりでぶつかったりするし、場面転換が遅くなるから。だから訓練を積んだ役者さんとかは、暗転の中でも全員の動きがはっきり見えたりするんです。
私もね、ある程度訓練積んだんで、わかるようになってたんです。でも花粉症の薬で、ボーとしてましてですね。いいわけがましいでしょ?
「いたい!」
暗転中、何かを踏んだような感触があって、間近で突然、お客さんのそう叫ぶ声を聞きました。
客席だ!明らかに私は客席につっこんで、挙げ句お客さんの足をふんづけてる!
そういう感じでしたね。暗転中、舞台裏にハケたと思った私は焦りましたね。
もっと焦ったのは、私に暗がりで足を踏まれたお客さんでしょうね。何が暗がりに起こったんだ?これも演出か!?と思っちゃいますよね。思わないか。
いやいや、しかし、壮絶なる死を遂げ、最後の別れの言葉なんか告げた人物が、次に照明ついたら、・・・あれ?さっき死んだ人がいる??・・・しかも客席に?・・
となったら、ビビるでしょうね〜。ビビるっていうか、スト〜り〜変わりますからね。え、ゾンビの話?・・黄泉がえり?・・みたいな。
ええ、それをやってしまったんですよ、私は。
じゃ、そんな時どうするか?
ね。一億五千万のなるせファンは思う訳です。そんなにファンはいないわけです。
それはそうと、焦っちゃダメです。何て事ないですよ〜、って顔するんです。口笛吹いちゃう気分です。吹いちゃダメよ、実際。目立つから、そういう気分だって話ね。
ひたすら空気になる。
これに限ります。ひたすら亡霊のような顔する。
思い切り足踏んだお客さんが怒りを露にして睨んでても、これは演出ですって顔する
まあ、ここまで告白したら、ついでですが、。
そういうの、一度じゃありませんです。
何度もやってます。
一度、舞台監督さんに舞台裏まで誘導してもらったことがあります。
恥ずかしかったな〜、あれ。ハケれなかった私を客席から舞台裏に誘導したんですよ。
あ〜、恥ずかしかった。
まあ、その話はまた明日にでも。
つづく。

なるせに救いのクリックを〜人気ブログランキング♪


posted by なるせゆうせい at 23:32| Comment(2) | TrackBack(0) | なるせ的演劇論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月17日

オーディションの極意

なるせに救いのクリックを〜人気ブログランキング♪

うちの団員に、オーディションを紹介してみたが、果たして結果、どうだったのでしょうか?
オーディションってのは難しいよね。
落ちたってくよくよするない。好みってのもあるからさ。キャスティングなんてイメージに合うか合わないかってのもあるからイメージにピッタリであれば、うまいとか下手とか関係なく合格する事もあるわけだ。こればっかりは運もあるのよ、とまるで落ちた時の事を前提で慰めてるみたいじゃないか。
まあ、よく雑誌で「月刊オーディション」とか「月刊デビュー」とかさオーディション募集してるけどさ、怪しげなのも多いから注意しないとね。
昔、三島由紀夫の道成寺かなにかを原作で映画化しようってのがあって、そのために主役の女優のオーディションがあります、なんて題材的に雑誌で募集してたのな、おいらの知り合いが「私、絶対受かってみせます」なんて気合い入れてそのオーディション会場でさ、「はい、全裸になってください」って言われたんだって。
ベタでしょ?ベタに怪しいでしょ?何故、全裸?
なんて言えない状況だったらしく、意味もなく全裸だって。
ま、その後ね、合格したはしたんだけど、合格候補者に残ったって話で、合格候補者はその後、監督の家に来いって言われたらしくてさ、もうなんか怪しさプンプンじゃないの。けど必死ですよ、女優たるもの必要とあれば、武器を使いますよ、てな勢いで、目には目をで頑張っちゃって、まあ、結局、監督の愛人が主役だって決まってたらしいんだけどさ、無駄に頑張っちゃって、挙げ句途中で撮影中止になっちゃったっていうんだから、ビックら仰天よ。気をつけなさいよ、気をつけなさいってば、ホント。
まあ、そんな中でもマトモなオーディションももちろんあるわけでね、
あ、そうそう、実は昔、審査員をした事があったのよ、役者800人ぐらい見たんですよ、いや〜、大変でしたあ。
ぶっちゃけ。
疲れた。疲れるよね、審査員。ぐったりよ、100人以上でもうぐったりよ。年配の審査員とか寝てる人いるし。普通に役者やるより、審査員の方が疲れるよ。だからさ、ある程度、オーディション受ける方も審査員の心理つかないと。インパクト与えないと。だって覚えてないもん、100人も200人も受けたら。よっぽどインパクト与えないと。なんか普通にこなす人もいていいけどさ。登場からなんかしら自分で演出してみたらどうかしら。全裸で来るとか。コラ!あ、また安易な事言っちゃった。安易はダメよ。インパクト与えろとか言うと、何か特技して、とか言うとさ「ハンバーガーひとくちで食います」とかさ,どうでもいいよ、そんな事!みたいなことする役者、多いからさ。もっと演技面でこういう演技得意です、とか言うならまだ広がりはあるけどさ、まったく関係ない事されてもさ。「お母さんの介護、得意です!」とかさ。知らないってば。

なるせに救いのクリックを〜人気ブログランキング♪
posted by なるせゆうせい at 00:01| Comment(2) | TrackBack(1) | なるせ的演劇論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月09日

劇団内恋愛は存在するのか?

なるせに救いのクリックを〜人気ブログランキング♪

劇団内恋愛。
まさか、そんなものがあるのか。
ある。大いにある。
私が大学入った時には、すごかったですよ。早稲田に演劇研究会て有名なね、自衛隊なのか演劇の団体なのかわからないくらいスパルタな団体があったんですよ、堺雅人とかさ、筧利夫とかさ、他にも色々先輩がいるんだけどさ、そこはもうなんなんでしょう、まず最初に新人面接で言われる事はさ、「まず授業は出れないと思え!」て言われるわけですよ。前途有望な新入生に向かって。そんな事言われたらビビるじゃないの、まだピチピチの十代に向かってですよ。まあ、結果的には私も「授業でない組」の一員になっちゃったわけですけどね、少なからず初めは授業を受けたいなとかも思う訳じゃないの。キャンパスライフをエンジョイしたいなとも思うじゃない、せっかく受かったんですもの。それをあなた、のっけからキャンパスライフをエンジョイ出来ないと思え!なんて事言われて。逃げました。とりあえず逃げましたよ、私は。キャンパスライフはエンジョイ出来ないかわりに、その内部は壮絶たるものでしたよ。ドロッドロ。みんな朝から晩まで舞台の稽古してるわけですよ、んでテントがあるから、そこに雑魚寝ですよ、男も女も。まあ、もはや乱交パーティーじゃないのか、と言わんばかりのね、状態だったですよ。「ビバリーヒルズ青春白書」ですよ、スーパーフリーですよ。
言い過ぎました。
とにかくまあそんなドロドロはね、ありましたよね。どこでもあるんでしょうね。
しかしまあ、劇団内恋愛とか社内恋愛とかさ。一度はねえ、みなさんもあるかもしれませんけどねえ、終った後がやりにくいったらありゃしないよね。
もう壮絶なる別れ方してさ「死ねよ!」「お前の顔なんか見たくねえよ!」などと憎しみあった二人が、舞台の上じゃ「好きだ!大好きなんだ!」ぐらいの大恋愛の二人の役とかだったりして、思い切り顔あわしちゃったりしてるわけですからね。
そりゃもう大変ですってば!役者さんってのは大変ね。
え?私はどうかって?あ・・ええっと、まあ、あ、キャッチ入った。またね。

なるせに救いのクリックを〜人気ブログランキング♪
posted by なるせゆうせい at 22:05| Comment(1) | TrackBack(1) | なるせ的演劇論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月06日

「演劇がダサい」と言われるルーツ



なるせに救いのクリックを〜人気ブログランキング♪

どうも「演劇」ってえのは「ダサさ」を拭いきれない気がする。
ま、イメージね、イメージ。ぶっちゃけちゃんと知れば、ダサイかどうかは別よ、
人間に例えると「おじさん」みたいな感じでしょうかね。
おじさんもカッコイイおじさんとかダンディーなおじさんとかいるはずなのに、何だか知らないけど、トータル的な「おじさん」のイメージがなんだか「オナラ臭そう」とか「足の爪くさそう」とか、そんな雰囲気を醸し出している。
ぶっちゃけると
私、自身、演劇自体、バカにしておりました。
まあ、半分以上、その世界をちゃんと知らなかっただけの戯言だっただけですけど、よく知らない人ほど知ったかぶりして豪語したがるあれですよ、高校時代なんて、演劇部、けちょんけちょんですよ。何が「アエイウエオアオ」だ、この野郎、なんて思ってた方ですから。
だからといって。
私だけが悪い訳ではぬわい。
よく、いじめられるのは、いじめっ子だけじゃなく、いじめられっ子にも原因がある、みたいな事言われるように、いや、いじめてませんけどね!とにかく演劇部自体に問題があるわけです。体育館で、でかい声で、恥ずかしい演技見せつけられたら、誰でも怪しい人たちと思うわけですよ。大学入ってからもそう、早稲田の大隈講堂で、バカみたいに大きな声出して、発声練習させられたり、爽やかな笑顔させられたり、挙げ句「舞台の上で恥ずかしくなっちゃいけない」みたいな事言われ、全裸で交番の前をダッシュさせられたり、と。
捕まるってば!
これだから余計マイナスイメージだっつうに。実際そんな事やってる大馬鹿は、ごく一部なんですけどね、目に止まりやすいのは、そういう大馬鹿ばっかりですから、どうも演劇って怪しい人の集団、みたいなイメージついちゃうんだ。ジャージだしな、みんな。
そういうわけでね、昔から日本人が知る演劇のイメージは、学校巡回のどうしようもないしょぼい芝居と文化祭で見る学校の演劇部の救いようもない芝居しかないわけですよ。
たまたま学校巡回のお芝居がいいやつに当たったりね、ごく稀にレベルの高い演劇部の芝居に当たった人だけが、演劇っていいね、なんて思うだけで、他の人たちは、演劇部と新興宗教とさほど変わんないじゃねえか、なんて思ってる人ような気がするなあ、私は。
言い過ぎたか。
ま、たまにはいいじゃないの、内部で気付く人あんまりいないから。俺たちは、いけてると思ってるの多いから。この辺は、学校との絡みもあるから難しい問題だけどさ、僕が文部大臣になったらその辺りから考えたいですな。どうも、無所属新人です。

なるせに救いのクリックを〜人気ブログランキング♪
posted by なるせゆうせい at 07:15| Comment(5) | TrackBack(1) | なるせ的演劇論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

だからと言って、舞台上で処女を失ってはいけない

なるせに救いのクリックを〜人気ブログランキング♪


何でも経験だからと言って、すべてを舞台上で済ましてはいけない。ちょっとした勘違いな方は、「私、女優ですから、何でもやれます」なんて言って、自らキスシーンやらベッドシーンやらをやります、なんて自慢しちゃったりして、挙句、リアリティーを感じたいんです、なんて言って、実際舞台の本番でまさに「本番」行為をしてしまうこともあるかもだが、あくまでも演技なんでね、そのあたりはメリハリつけましょうよ。
イギリスの有名な男優さんで、「死ぬ」という演技が出来なくて悩み続け、ホントに舞台上で死んでしまったという逸話がありますが、何でも経験です、と言ってホントに死んじゃったら、時代劇のすぐ斬られます的な役の人は人生のうちで何回蘇ればいいのだ。ゾンビか。
そして脚本家や演出家にも言える事で、舞台と私生活を公私混同もしてはいけない。
必要もないのに、なぜかおっぱいを出すシーンを付け加えたり、「はい、そこで脱いで」なんて役者に指示を出してはいけない。それじゃもはや演劇なのか、その演出家がおっぱいみたいだけなのか、アダルトビデオなのか、区別がつかない。
しかしまあ、何処の世界にも「勘違い」さんがいるもので、小劇場の中にも、いわゆる「エログロ」メインの、なんだかやたらと、おっぱい出てきたり、おちんちん出したりする劇団がある。面白いから個人的には好きなんだけど、少なからずそこに出てる役者は志高く望んでいただきたい。そこに出演する女優さんで、私生活より先に、その舞台上で処女を失ったというお馬鹿さんがいる。うそのようだが、ホントの話だ。せめて私生活で潤ってからにしたいもんだ。



なるせに救いのクリックを〜人気ブログランキング♪
posted by なるせゆうせい at 02:40| Comment(3) | TrackBack(0) | なるせ的演劇論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

業界に旋風を巻き起こした男の発想転換術を盗め

なるせに救いのクリックを〜人気ブログランキング♪

今日は、花まるマーケットに、息子のように可愛がって果ては私を置いて遥か上空へラピュタのように巣立っていった小出惠介が出演するというから見ようと思ったら、さっそく見逃した。すはわち言い換えれば、寝過ごしたというわけだが、かなりの音量で鳴り続ける目覚ましにも気付かないほどの爆睡っぷりには驚くしかない。
そのかわりと言っちゃあなんだか、遅く起きた朝に、久しぶりに小室哲哉をブラウン管の中で見たよ。なんだか丸くなったというかシャブ中が抜けたというか、昔の小難しいイメージじゃないのね、普通のおっさんになってたよ。余計なガスが抜けたっていうかな。そんな彼が再び出て来たと思ったら、新しい事をやっちゃったよ。
やっぱり目のつけどころが鋭いのね。
飲み会とかでさ。
「これまでにない新しいものを作る」
なんて下北あたりの飲み屋でバンド仲間やら芝居仲間らが豪語したところで、だいたいやり尽くされてるわけでね、そんな新しいものなんて生まれないわけでしょ?普通にバンドやってても劇団やってても強烈な個性と強烈な面白さを醸し出さなきゃいけないわけで、それが出来ないで新しいものを作りたいなら、たぶんちょっとした発想を変えるだけでいいんだろうけど、そのちょっとが浮かばないわけですよ。
最近売れ出した、オリエンタルラジオだってコントの中に、ラップという組み込んで新しいスタイルと作り上げたのが彼らの発想でしょ?今の時代は、ネタよりもフリートークが面白くないと芸人もつかってもらえないから、生き残れるかどうかはわかんないけど「発想」という意味ではやられたなあと感服だよなあ。
あと例えば、「タイガー&ドラゴン」とかの「落語とジャニーズの融合」みたいなさ。あれね、ぶっちゃけずっと前から考えてたのよ、ホントに!言い訳がましいだろうと思えばいいのよ、まあ、やったもの勝ちですからね、んで私、やられちゃったもの負けですからね。考えてたって表に出てないなら意味ないわけどさあ。ああいう発想の転換とか何かとの融合する事での化学変化のような「思いも知らぬ面白さ」を発見できると売れちゃうよね。ちょっとした発想なんだけど。
その「ちょっと」をやってのけた小室はやっぱりすごいと思うよ
え?それで結局、小室は何をやったかって?
漫才師こだまひびきとのコラボレーションって!
まあ、普通に「なんじゃそら」でしょ?
小室哲哉と「こだまひびき」がラップ調の「チ」という音楽を作ったんですって!
発想がいいよね。お客さんに「なんじゃそら」と思わせたらもう勝ちですよ。
知り合いからお芝居やライブの誘いうけても、あんまり行く気にならないけど、「こだまひびきと小室哲哉のコラボした音楽」なんて言われたらちょっと聞いてみたいと思うもんね。普通に。やっぱすげえよ、小室は。何聞いても小室の曲は同じ音楽に聞こえるけど、でも、やっぱ、すげえや。ただ曲をつくるだけじゃなくて、目のつけどころがいいよね。時代を作ったおっさんだよね。おっさんたちが頑張ると元気になるね。

なるせに救いのクリックを〜人気ブログランキング♪
posted by なるせゆうせい at 02:37| Comment(1) | TrackBack(0) | なるせ的演劇論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月25日

若者よ、イメージせよ

なるせに救いのクリックを〜人気ブログランキング♪

最近、お金がないので臨時講師なんてものをバイトがわりにやっちょるわけだけども、どうも「先生」と呼ばれるのが、ムズがゆい。
しかしどうしたもんかね。
エチュードを知らない役者さんが多くて、ビックらこく。
え?エチュードってーのは、つまりあれだよ、即興で芝居をするんだよ、なんて説明したところで何とも理解できてないようで、さらに驚く。
やれません、やれません、なんて半泣き状態で言われても、お前ら高い授業料払って仲良し文化祭をしにきたのかよ、とも言えないのが臨時講師の悲しい宿命です。言っちゃったけど。

何もないので出来ません、などと言われても何もないからこそやるのが役者で、脚本家が文章で表現するように、作曲家がメロディ〜で表現するように、役者は何にもないところから体で表現しなきゃならんわけで、まあ結局のところ、自分の中の「引き出し」が勝負となってくるわけで、デニーズのバイトしかしたことないんですと言う女の子が、デニーズの店員の役ばかりエチュードでやられたりした時にゃ、こりゃもう役者やる前に人生経験増やす努力して「引き出し」の中身を増やしたほうがいいわけです。

いい女になりたいからなんて勘違いしてはいかんですよ。普段からいい女になれば、いい女優さんになりうる可能性があるわけです。
命短し恋せよ、乙女。

なるせに救いのクリックを〜人気ブログランキング♪



posted by なるせゆうせい at 01:34| Comment(11) | TrackBack(1) | なるせ的演劇論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月21日

役者と鼻の関係

なるせに救いのクリックを〜人気ブログランキング♪

ところで。
鼻水が依然、滝のように流れるわけでして、北海道からわざわざ親切に教えていただいた「ちか」さんの助言で調べみましたよ。
アルゴンプラズマ治療!
なんでも鼻の粘膜をプラズマで熱的に固め、アレルギーんの元の抗原の侵入を防ぐんですって!?
すごいね、あれ。なんでしょう、アレルギーの人には必見だね。
全然知らなかったよ、近いうち、手術行ってこようかと思います。
花粉症対策の注射はあるけどさ。鼻をプラズマで焼くっていうのは初めてだなあ。
焼くっていうと、あんまいいイメージじゃないなあ、なんつうんでしょう、詳しくは調べてみてちょ。
とにかく毎年、花粉症の季節、ティッシュの消費量が我が家だけでおそらく東京ドーム三個分ぐらい使うんじゃないかという感じなもんですから、なんとかせねばと思っておったわけでね、手術したらまた公開しちゃいます。

鼻ってえのはね、実は舞台役者さんにとって重要なんですよ。
基本的に、
お魚さんは、エラ呼吸です。
役者さんは、鼻呼吸です。
はい、メモって!

口じゃダメなんですよ。
え?なんでかって?
口だと乾いちゃうのね。
マラソンしてたら、口がカラッカラになる時あるでしょ?
タンからまっちゃったりしてね。からまったタンを走りながら吐き出したら、自分の服についちゃったりしてね。
それは私です。
だから一流のスポーツ選手は鼻呼吸ですよ。
でだ。
役者が口呼吸だとどうなる?
声出なくなるんですよ、ずーと出し続けると。タンもからまるでしょうし。
さらに。
鼻にはね、鼻毛があるんです。私なんか特に。
知ってるってば!
とか言ちゃいかんよ。鼻毛は偉大なのよ。
なぜか?
外部からの雑菌を取り除いてくれるのよ、鼻毛が。
だからね、鼻から吸って、口から声を出す。
これ基本ね。
意外に出来てる役者さん、少ないのね。

なるせに救いのクリックを〜人気ブログランキング♪

posted by なるせゆうせい at 23:37| Comment(3) | TrackBack(1) | なるせ的演劇論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月20日

「役者」と「柔軟性」の意外な関係

なるせに救いのクリックを〜人気ブログランキング♪

筋肉痛だしね。
いててて。
もうじじいだね。鍛えなきゃいかんね。
黒柳徹子は、毎日ヒンドゥースクワットを50回やるそうです。
やっぱ役者は体力ですから。
じじい、ばばあになったら、足腰に来ますから。
影響受けやすい私は、さっそく怠けていた筋肉トレーニング、再開してみました。
三日は持つと思います。
三日以降の保証一切なし!
家じゃあね、怠けちまいますよ。
ああああああ、ティップネス行きたいなあ。
正確にいやあ、ティップネスの宣伝のサトエリのいるとこに行きたいなあ。
コラ。
自分で自分に怒ってみました。
あ、でもね、新宿の歌舞伎町にね「俺たちひょうきん族」に出てた役者さんが経営してるスナックがあるのね、そこで昔サトエリ見たんだけど。可愛いんだ、これが。完璧なボディーだね、これが。
そういう事じゃなくて。
ちなみに、「俺たちひょうきん族」に出てた役者さんってのは、懺悔室の神様の役の人ね。グレート義大夫じゃないよ。あ、知らないか?
スナックの名前、スナック「懺悔室」
まんまやないかい!
まあ、それはさておき。
筋肉も衰えてるし、体も固くなっております。
こう見えて私
ひざに顔つく事できます
えええええええええええええええ。
はい、そこ驚かない。
正確に言えば、「依然は出来ました。」
えええええええええええええええ。
ええ、じゃなくて。
まあ、今もギリギリなんとかつきますね、
最近銭湯行けば、股わりとかしてます。
舞台役者の経験ある人は密かにみんな体やらかいんですよ。
ていうか、柔らかくさせられるの。
体の柔軟性は、声の幅を利かせる為に不可欠なのよん。
ゴム風船をイメージしてもらえばわかると思いますけどね、ゴム風船あんま膨らまない時、風船自体を伸ばしたりして柔らかくするっしょ?あれと同じで(風船を自分の体と仮定して)お腹の中に空気溜め込むには、体を柔らかくしとかないと、空気が溜まらないのね。
正確には、お腹に空気を溜めるのを「腹式呼吸」っつうんですが。
体が柔らかくないと胸までしか入っていかないの。それを「胸式呼吸」っていうんだけど。今、ヨガとかでも流行ってるでしょ?丹田(タンデン)ってとこに意識を集中して〜、みたいな。腹式呼吸、出来ないと、舞台で声つぶしちゃうのね。カラオケとかでおっさんが唄ってノドつぶすのは、胸式呼吸だからなのね。ていうか普段日常じゃ胸式呼吸なんだけど。切り替えなきゃいかんのよ、役者は。呼吸法を。まあ、それは今度教えたげる。ややこちいからね。とにかくねえ。

体を柔らかくすると、
(1)声の幅が広がる
(2)怪我をしなくなる ←舞台とか危ないからね
(3)声の通りがよくなる
(4)色んな体勢で、エッチが出来るようになる

あ、(4)は関係ないか!?
まあ、いいんですよ、そういう事もあるんですよ。
そもそもヨガなんて自分で自分のものを舐めれるように、体を柔らかくしたっていうのがもともとの始まりだったって言われるぐらいですから。

なるせに救いのクリックを〜人気ブログランキング♪
posted by なるせゆうせい at 23:12| Comment(1) | TrackBack(0) | なるせ的演劇論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。